ヒルトレーニングとは坂道の傾斜を利用したトレーニングの事です。
IMG_0503


ヒルトレーニングは


筋力アップ、心肺機能アップ、スピードアップ、フォーム改善etc


短時間で効果的に複数の機能向上に努めることが出来る優れたトレーニング法です。


5-15度の傾斜で芝の坂道を利用するのがベストな練習環境と言われています。


空手のトレーニングで考えると


300m程の距離を90パーセント程の強度で傾斜を駆け登る


頂上についたらゆっくりジョギングして下る


ショートヒルトレーニングが良いと考えます。


たまに


階段を駆け上がるトレーニングを見かけるのですが


このトレーニングも悪くは無いと思われますが


より


多様性を持たせるのなら


芝などの


やや足場の悪さを利用する方が


私的には


拇趾でしっかり地面を捉えるために


バランスを保つために


複数の筋肉に刺激を与えられると思います。


また


陸上競技に限らず


ヒルトレーニングは


あらゆる競技の選手のトレーニングになると思います。


但し、競技の代謝要求に合わせて


ミドルヒルトレーニング


ロングヒルトレーニング


など


坂道の距離を調整するのがベストかと…。


また


ヒルトレーニングを取り入れる以前に


ある程度の筋力や持久力を有している必要があります。


つまり


非鍛錬者がいきなりヒルトレーニングを取り入れるのは難しいとゆうことですね!


しかし


昔の子供達で言えば


このヒルトレーニングも


野山を駆け回り遊ぶ


遊びの中で自然に鍛えられていたのかもしれませんね。