当日の練習後に〇〇が痛い!


なんて


子供は良く言うものです。


我が子も打撃系の空手の為に日常茶飯事ですねv( ̄∇ ̄)v


しかし


全てを気にかけていてはこっちもやってられない(笑)


そこで大切な事は


①子供の訴えをしっかりと聞いてあげる事


②聞いた上で突き放すのではなく受け入れてあげる事


③本当に辛そうなのか日常生活動作で見極めてあげる事


我が子で言えば、「痛い痛い」と言っているのに暴れまくってる事が多々あります。


それくらいなら大丈夫と判断します(笑)


④少し真面目に体を観察してあげる事


腫れていないか?触って痛みが無いか?あざになっていないか?熱感が無いか?痛みのある周辺を動かすと痛い所に痛みが出ないか?


そんな事を真面目に見てあげましょう!


⑤これは本当に痛いだろうな!と思ったら応急手当をしてあげる事


コールドスプレーや氷嚢でまずはアイシングしてあげましょう。その上で、冷湿布を貼ってあげましょう。


アイシングは、ビニール袋やジップロックに氷と水をを入れて、塩を一つまみ(氷が溶けにくくなります)加えれば氷嚢が作れます。


後は適度に患部を冷やすべし!!凍傷に注意するために当て過ぎには気を付けましょう(笑)


冷湿布は深部を冷やす効果はありませんので、炎症を抑える必要がある場合は氷嚢がベストです。


また、子供さんに、手当をして安心感を与えてあげるプラセボ効果も大切ですね!


さらに、出来るなら簡単に市販のテーピングを貼ってあげるのも良いと思います!


⑥応急処置を施してから経過観察をして、痛みが引かないようなら医療機関へ連れて行ってあげる事。


わりと過敏になりすぎて心配し過ぎるとキリがないので、見極めが大切だと思います!


とゆうわけで


アイシングは応急手当にかなり有効なので是非とも施してあげて下さいね!