スポーツ心理学では、選手のやる気を引き出すために正の強化と負の強化とゆう手法があります。


正の強化とは、頑張ったご褒美の様なもので


例えば


選手が好成績を納める事でトロフィーやメダル、 ワッペンなどを与えます。


こうして


選手のモチベーションをあげます。


次に負の強化とは


「今日は○○出来た、頑張ったから○○は無しで」


など


選手に条件付きのご褒美をあげる?ようなものです。


そして


それ以外に


正の罰と負の罰とゆうものがあります。


正の罰は


いわゆる叱責。


負の罰は


やめさせる、選手から外してしまうような完全排他的な罰とゆう感じですかね。


つまり


良く行われているのは


おおよそ


正の罰か負の罰になるかと思います。


が…


選手のやる気を引き出すためには


正の強化と負の強化で留める事が理想です。


簡単解釈すると


正の罰も負の罰も怒りの感情が入ってしまう感じですね!


つまり


選手のやる気を高めるためには


感情ではなく愛情で接する事が大切とも言えますね!