ファンクショナルトレーニング用語の中に


プログレッションとリグレッションとゆう言葉があります。


分かりやすく言うと


プログレッションとは前進。


リグレッションとは後退。


前進だから良い


とか


後退だから悪い


とゆうわけではなく


8割の人が出来るトレーニングをベースラインとした時に


その


ベースラインをもとに


プログレッションするべきが?


リグレッションするべきか?


を考えてトレーニングする必要があるとゆう事です。


テレビなどを見て


やってみたけど


痛みが出る!出来ない!




パパは相談されたりするのですが


テレビでやっているトレーニング方法が必ずしも


見ている人のベースラインでは無い事もあります。


この辺りが


トレーニングの難しい所かもしれませんね^_^


トレーニングは


その人に合ったトレーニングを選択する必要があります。


例えば


プッシュアップでも


女性は


上半身の筋力が男性よりも弱いのが当然であり


プッシュアップを10回出来るのが当然と思っていても


出来ないアスリートも居るかもしれません。


その場合は


リグレッションが必要です。


手を置く位置を高くする…などがリグレッション。


また


余裕でプッシュアップが出来るアスリートは


足を置く位置を高くする。


ウェイベストを着用する。


チューブを背中に通す。


スタビリティボールの上で行う。


スタビリティボールの上で片足上げて行う。


などの前進的な方法を選択するわけです。


また


プッシュアップの例えをしたので


プッシュアップで言うと


ただ闇雲なプッシュアップでは無く


胸筋に効かす事を意識したプッシュアップ




意識が必要です。


つまり


トレーニングは


闇雲では無く


計画的に行う必要があるとも言えます。


プログレッションとリグレッション


ファンクショナルなトレーニングには


重要な視点ですね!